「運命の剰余」

「生涯にはすきが必要だ」と言いたい。
そうしてそのすきは無借入から生まれるとわたくしは断言する。
日々の生涯では、奴は家屋分割払い、愛車の分割払いたくさん借入がある。育児に伴う学資もひょっとしたら借入に組み入れられるかも知れない。奴も羨む中小企業のオーナーもまた、余裕があるように見えて借入と無縁では無い。銀行から費用を借り受け、働き手の正面では大きな放言を言いつつも現実は火の車のところもある。
 私のような、日本の末端で小さく生きているそれぞれだが、借入が無いは余裕があることに従い、一種の愉悦もある。僕は大丈夫と日毎見受けることがある。
 また、父母が残してくれた儲けもあり、働いてはいるが、いざとなったら、企業を辞めて、隠遁生活にも閉じ込めることもわたくしにとってはツキです。
 とはいえ、企業には手伝いになったこともあるし、60までは働こうという。それは企業の雇用根本で勇退が60だと決められているからだ。恐らく企業は再取り入れを申し立てるだろうが、断ろうという。というか、もう突っぱねることに決めていて、親しい人にはそれとなく漏らしておる。
 60過ぎ何をしようかと考える。好きな作文のパートタイマーもいいし、好みの合唱にも力を入れたい。すきは経費から起こるものであると改めてわたくしはおもう。こちら