貯金の先取り、固定費の削減

貯金の先取り、つまり“給料が入ったら、一番最初に貯金をする”ということです。貯金ができるかどうかは、この「貯金の先取り」をするかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。方法はいろいろありますが、おススメなのは「自動積立の定期預金」です。設定さえしておけば、給料が入ったら勝手に貯蓄用口座に振り替え(積み立て)をしてくれるので、自分では何もする必要がありません。残ったお金を生活費として1ヶ月をやりくりして下さい。また「定期預金」ですので、自由にお金を引き出すことはできません。逆にその不便さが“貯金に手をつけることへの抑止力”になるというメリットがあります。もしくは貯蓄用口座を作って給料日に自分で振り替えを行なう形でも問題ないでしょう。要するに“残ったお金で貯金をする”では、何だかんだで失敗してしまう可能性が高いので、初めにお金を選り分けてしまうことが大切です。「固定費」とは毎月決まった額で発生し続ける費用のことです。例としては、家賃・駐車場代・公共料金・新聞代・携帯電話代・インターネット通信費・プロバイダ料金・保険・住宅ローン・習い事やジムなどの月謝・WEBサイトや携帯サイトなどの月額費用などがそれに当たります。固定費は、毎月(ほぼ)同じ額がかかってくるものなので、逆に言うと一度見直してしまえば“節約効果がずっと続く”というメリットがあります。特に「家賃」は、金額自体がとても大きいので、思い切って家賃の安い郊外に引越したり、一回り小さな間取りの物件に引っ越すなどができれば、年間でかなり大きな削減ができるはずです。フルアクレフエッセンスの口コミがすごいらしい

貯金が思うようにできない

私は32歳の男性会社員です。この年齢だと周りの男性はある程度の収入があり、それに応じてそれなりの貯金も持っています。ですが私の場合はそうではありません。まず、仕事での収入が、同年代の男性と比べてもはるかに少ないです。そういう業種だから仕方ないのですが、アパートに住んでいるので家賃もあるし結構にきついです。そして私はDVDの収集、漫画雑誌の収集という趣味があります。この趣味にかかる費用が半端なく多く、かなりのお金を浪費します。こんな経緯もあり、貯金が中々出来ません。以前、友人同士で飲み会を行った時、各々の貯金額を披露しましたが私が一番少なかったです。
当たり前ですが、お金がないと困ります。これからの将来、もしかしたら私も結婚するかもしれません。その時に貯金が少ないようでは式も満足にあげられません。それだけではなく、貯金が少なければ結婚後の生活もままならなくなるでしょう。収入が少なければ少ないなりに、節約を心がければいいのですが、それが出来ません。ですがこのままだといけないので、強い意志を持って節約しなくてはいけません。最近、考えるようになったのは「家計簿」の記入です。家計簿をつければ収支がはっきり分かるので節約出来るかもしれません。バルクオムの口コミや効果ってどうなの?